ダトニオ保護プロジェクト(Save the Datnioides)




ダトニオ保護プロジェクト
Save the Datnioides

Siem Reap Fresh Water Fishes Laboratory (SRF-Labo)
シェムリアップ淡水魚研究所より皆様へ


シェムリアップ淡水魚研究所の佐藤と申します。

ご覧いただき、ありがとうございます。


  

Datnioides pulcherKottelat,1998)は現在絶滅の危機に瀕しています。

IUCN(国際自然保護連合)は本種をCRCritically Endangered)のランクに指定して

 おり、本種が生息地でどのような状態であるかを示しています。

本種は観賞魚としての価値が高く、古くから親しまれてきた魚です。

隣国タイでは本種が生息する水域の環境悪化により、著しく生息数が減ったことで国の

天然記念物に指定されました。

そうした影響からカンボジアやベトナムの水域にも本種に対する捕獲圧が高まり、当地

の自然環境の変化と共に年々その数を減らしていると考えられます。



自然水域での個体数の確保を目的とした活動や対策などは勿論大切な対策となりまが、

このようなケースの場合、真っ先に行われるのが人工繁殖です。

本種の人工繁殖はタイなど専門機関や個人の愛好家たちの手により取り組みが行われて

いますが、未だに安定した繁殖方法を確立できていません。

そこで、当研究所も本種の保護プロジェクトを立ち上げることにいたしました。

当研究所は決して大きな活動を展開できるほど豊富な資金があるわけでありませんので

大きなことはできませんが、本種の生息域の一部であるカンボジアで淡水魚の調査に関

わる以上、本種の情報収集や現地調査を行い情報の少ない本種の実態を少しでも明らか

 にし、将来に使える情報を残すことを第一の目的としています。

そして第二に当研究所も繁殖計画を立て独自の方法を交えて研究を開始いたしました。

まだまだ情報不足と技術不足ですが一歩一歩進んでいき、有効なプロジェクトにしてい

きたいと試行錯誤中です。


 

ダトニオ保護プロジェクトTシャツについて

当研究所ではこれまで応援してくださる皆様と共に当プロジェクトのTシャツを作製し、

販売させていただいております。

この活動の背景には少しでも関心を持つ方々にもプロジェクトに参加していただきたい

という願いと、研究費を捻出する事を大きな目的としております。


 
 
 

Tシャツの売り上げ金に関する使用方法は以下の通りです。

D.pulcherの繁殖計画に関する研究費として全額使用させていただいております。

1.       現地の水域調査(漁師さんなどへの聞き取り調査)

2.       現地の水域調査(採集調査)

3.       繁殖計画1(現地水域でのフォーバーダトニオ(D. undecimradiatus)の確保)

4.       繁殖計画2(ホルモン剤の作製)

5.       繁殖計画3(フォーバーダトニオ(D. undecimradiatus)を使った予備研究)

6.       繁殖計画4(D.pulcherの親魚の確保・飼育)

7.       繁殖計画5(D.pulcherの繁殖研究)


  


日本での販売は神奈川県からの発送のみになります。

また、日本での販売にはカンボジアからの輸送費等

コストがアップしてしまい、



3200円(全国一律送料込み)での販売価格となりました。

皆様のご理解よろしくお願いいたします。
 
 
お振込み口座は以下の通りです。

 
スルガ銀行 藤沢支店 普通預金
 
2710286 サトウトモユキ


 
ご協力いただける方は下記のアドレスからご連絡ください。

(ブログのコメントでの注文は受付できません)

cambotia@live.jp 佐藤智之

記載事項
お申し込みの際に記載願います。発送時に使用いたします)

①氏名

②郵便番号

③住所

④電話番号

Tシャツの数

Tシャツのサイズ

メールでのご注文と下記の口座への



お振込みが確認できた時点で発送いたします。

メールで必ずこちらからご注文の確認、


お振込みの確認、発送のご返信いたしますので

それまでお待ちください。





 このプロジェクトは長い年月が必要な長期のプロジェクトです。

 
   これからも皆様のご支援・ご協力よろしくお願いいたします。



Siem Reap Fresh Water Fishes Laboratory (SRF-Labo)
シェムリアップ淡水魚研究所:佐藤智之


プノンペンポスト(Phnom Penh Post 2013.01.10)に掲載された記事です










2013.01.11 Phom Penh Post 掲載記事より

0 件のコメント:

コメントを投稿