2016年11月29日火曜日

寄り道コショウ農園



メコンからシェムリアップに帰る途中の道中で

コショウ農園があったので

ちょっと覗いてきました。

でも生憎とまだコショウは成長しきっていないようで

少し小さかったですね。

この写真でも大きな房を選んだくらいです。

他はまだまだ膨らみ始めたものが多かったです。

そう考えると、

年明けくらいには収穫できるんでしょうかね。

カンボジアではこの生コショウが食べられるので

そこは美味しいところでもありますね(笑)

生コショウ料理で有名なのは

生コショウの房ごととイカとタマネギと炒めた料理で、

お好みに合わせて房のコショウを数粒ぷちっと口に入れて

イカと一緒に食べると

イカの海鮮風味と生コショウのツーンと来るコショウらしい辛味が

マッチしていて絶品です!


コショウ農園はシェムリアップには低地が多いのでそれほどありませんが、

カンボット州やコッコン、コンポンチャムなどの地域では

国道沿いでもよく見かけます。

そうした地域では

生コショウをはじめ、

緑色の状態で収穫して乾燥させた黒コショウや

熟した房に数粒できる完熟の赤いコショウを乾燥させた赤コショウ、

黒コショウと同様の時期に表皮を取り除いた白コショウと

それぞれの特徴を使い分けて料理に使うと

より一層コショウの魅力を味わえると思いますよ~



黒コショウ:

風味が強いのが特徴でカンボジアのコショウは
    
    世界でも有数の風味の強さをもつそうです。


白コショウ:

表皮を取り除いてあり、黒コショウと同時期に収穫するので

風味が少しなくなる代わりにコショウ本来の辛みを味わえます。


赤コショウ:

完熟後に収穫するため収穫量も少なく珍重されるコショウです



下の写真はまだ苗を植えたばかりでしょうか?

小さいコショウの木が育っていました。

何年後になるか知りませんが(笑)

たくさんの美味しいコショウをつくってほしいですね。



魚料理3


ここでいったん愛車ネタを終えて、

魚ネタに戻ります!

メコンの旅の最後の朝食でも準備した魚食材を使って

料理を作ってもらいました。


ひとつ目は日本のアクアリストさんにもお馴染みの

ナイフフィッシュです。

このあたりには3種類のナイフがおりますが、

これはロイヤルナイフです。

カンボジアではどこでも大型のナイフは

三枚におろして身をスプーンで皮からそぎ落として

その実をダンゴにしてスープに入れたりします。


食べるとわかるのですが、

すっごく弾力があって美味しいですよ。

メコン本流の魚はまったく臭みがありませんから

海産魚と同様の感覚で抵抗なく口にできます。

本当に美味しいです!


そして、こちらはヘミバグラス(ナマズ)の揚げあんかけ風料理です(笑)

マジで美味しかったですよ!!

この魚を直接選んだMさんも気に入ってくれたので

良かったです!!

みなさんもメコンへ行く機会があればぜひ!食してみてください。


単車パーツも



日本帰国中には予定通り

単車のパーツを買いにナップス横浜店に行ってきました!

いやーニュースでは近年日本の単車乗りが激減しており、

販売台数も相当減っているという記事がありましたが、

ちゃんと単車乗りも生き残っているんですね。


偶然にも今回は2代のCB400Fourと出会いました!

やっぱりイイです!

こちらは僕と同じ誕生日でもあり1976年3月6日発売の398ccフォアではなく

初期型なのですが、イイです(笑)

数年以内にカンボジアでフォアに乗りたいですね。

改めて強い意志と希望を感じた瞬間でもありました(笑)




さて、

今回はいくつかパーツを買ったのですが、

一番欲しかったのはグリップです(笑)

今までも生ゴムグリップを使っていたのですが、

ベトベトになってしまい、

乗りにくかったんですよね(笑)

ちょっと気持ち悪かったです(笑)

下の写真がこれまで使っていたグリップです。

黒い部分がベトベトなんです。


そこで、今回は

違うメーカーをあえて選んでみました。

さてどーなるか?

今の使いごこちは抜群にイイです!!


でも、日本へ行く前にキャブのガスを抜いて帰ったりと

いろいろと準備はしたのですが、

バッテリーが弱ってしまい、

充電してもらったので1日目は乗れませんでした。

単車も魚と同じで本当に生きもののようです。

大切に乗らないといけませんね。



どこまで信用するか難しいです


帰国してからメコンへ行くまでの数日の間に

とりかかったのがブレーキホースの交換だったのですが、

まずは基本に忠実になってマスターシリンダーから一番遠い

左リアのホース交換をすることに。

でも、なんせボルトが錆びていたのと

なめっているボルトを全部ホールドする工具がなかったので

最後のひとつのネジがとれませんでした。

でも、フルードオイルが一部抜けたので

嫁さんをよんで

再度元に戻してエア抜き作業をしました。



そこで、今回はローアームがだいぶヘタっていたので

走行するときにガタガタ感があり

せっかくの機会なので思い切って日本で調達してきました。

そのローアーム交換は車屋でやろうと思っていたので

外せないブレーキボルト1本も取ってもらう事にして

車屋へ行ったのですが、

そこの兄ちゃんがホースも全部変えてやると言い出し、

基本に非忠実的にシリンダーに一番近い場所からボルトを外し始めちゃったんです。

ローアーム交換は車全体を持ち上げての作業だけに楽に終わりました。

取り外したパーツを見たら

ゴムは他のパーツの代用を無理やり使っていたので

ほとんど機能していませんでした。

変えてヨカッタデス。

走りもすごく滑らかになりました。


そして、肝心のブレーキホースですが、

やっちゃいけないと言われている方法で外し始めたので

ちょっと待て!と3人のスタッフに声をかけて

マスターシリンダー内のオイルレベルも見ていないので上からも下からも

エアーが入る!からダメだと言ったのですが、

3人が3人とも大丈夫だ!といって

所有者の意見を無視して作業は続けられました・・・



帰国前のチェックで見つけたホースの劣化までは

良かったのですが、

まさかのホース内エアー入りまくり!になるとは思ってもいませんでした。

その後、ブレーキオイルを入れながら、

多少のエア抜きを行って完成です・・・



3人にはどうだ!と言われましたが、

運転席に座ってブレーキを踏むと、

作業前よりも4倍くらいペダルが奥へ進むんです(汗)

一回踏んだ瞬間に「やっぱり」って感じです(泣)


という事で

近日中に嫁さんに手伝ってもらい

もう一度できる限りエアーを抜こうと思っています(笑)

今回は一瞬「楽をしよう」という思いから

気を許してしまった僕の決断が原因でした。


カンボジアの車の修理はこの8年ずっと見てきたので

わかっていたのですが、やっちゃいました(笑)


もう一息気張ってメンテナンスします!!

良い経験でした。


皆さんも車の点検は忘れずに!!



ヘッドライト研磨


つづいては

お金のかからないヘッドライトの研磨をしました。

こんなに黄色くなっていました。


最初にライトまわりを養生して

400番からスタートしたのですが、

真黄色の汚れがドロドロと出てきました。

さすが94年からずっと放置されていたんでしょうね。


そこから600、800、1000、1500、2000番と順に

研磨をしていきます。

するとだんだんと黄色い汚れもなくなり、

クリアーな透明っぽい感じに!


最後は青棒を塗ったバフで仕上げました。

いやーキレイです!!

ライト内にも94年から約20年ぶりに光が!って感じですね(笑)


我が家はできる事は自分でする!

が基本なので(お金がないだけですが(笑))

それなりに楽しい生活を送っています(笑)

車は命に左右する大切なものなので

ひとつひとつ大切にしていきたいですね。


とはいってもまだ夜走ってないんですよね(笑)

その時にはぜひ活躍してほしいですね。



バックドアのダンパー交換


実は先月の日本帰国の直後に

7年間お世話になった我が家の愛車を手放しました。

それに代わって友人からほぼ同じ額でやってきたのが日産マーチです!

これまで頑張ってくれた愛車は韓国の現代製のワンボックスだったのですが、

なんせ故障が絶えなかったのと、

12人乗りだったので大きくて嫁さんが運転できなかったんです。

娘ができたので何かと一緒に動く機会が多く、

小さい車があればいいけど、お金がねーなんて言っていたら
偶然この話が進んでいつの間にか小さくて可愛らしいマーチになってました(笑)


ヒュンダイの車は98年製だったのですが、

今回のマーチはさらに古い94年製です(笑)

サッカーワールドカップでいえばアメリカ大会の年ですからね。

その当時の選手が今ではおじさん姿の監督ですからね。

かなり古い車ではありますね(笑)


そんな事で

日本に帰る機会があったので

予め車を見させてもらい

日本でいくつかパーツを確保してきたんです。

そのひとつ目がバックドアのダンパーです。

完全に抜けちゃっていてドアが抑えていないとバタンッと閉まっちゃうんです。

という事で、

ネットで1本1000円で購入して付け替えました!

お蔭で使い易いです!!



ここから、3連発で新しい我が家の愛車編を紹介します(笑)



夜釣り5時間


今回は一人で夜に釣りをしたのですが、

予想もしていなかった魚を見てしまったために

それを捕まえるのに五時間も経ってしまい

気付いたら夜の1時半でした(笑)



その間に連れた魚をまずは紹介します!

ひとつ目はコイ科の中型種Cyclocheilos enoplosです!

この魚もトンレサップ湖からメコンまで広くみられる種で

市場ではお馴染みの種です。

どことなく日本のニゴイっぽい姿ですよね。

この魚はちょうど魚を探して川辺を歩いていた時にかかったもので

戻ったら竿が引きずり込まれそうになっていたので

間一髪でした(笑)

ひきもなかなかで楽しめました。


この夜釣りでは

昼間のナマズたちが20尾くらい釣れたのですが、

その中でかかったのがこのレッドテールミスタスでした。

アタリもやつらとはちょっと違って

すぐに違う魚だとわかりました。

実際に連れたのは25cm程の幼魚でしたが、

きれいな色の魚だけに嬉しかったですね(笑)

これで、この旅では2個体目のレッドテールミスタスとなりました。


今度機会があれば一度50cmくらいの個体を

飼育してみたいですね。

カッコイイでしょうね!




さて、

この夜僕を興奮させた魚というのは

これです!(笑)

ほんの3cm程の体長の魚ですが、

この魚はこれまで16年のカンボジア採集で

2回しか出会ったことがない魚なんです。

なので、今回が3回目の出会いとなりました。

その名はLaubuca caeruleostigmataといいます。


最初釣りをしている時に

水面をゴミが流れていると思ったのですが、

なんか左右均等なので見返してみると、

魚だったんです!

でも、ライトを当てると0.5秒くらいで驚き深いところに潜ってしまうんです。

その姿をもう一度思い浮かべてなんの魚かな?と考えたのですが、

どー考えてもこれ!という種が思い浮かばないんです(笑)

それから釣りをしながら

10分に一度くらいの頻度でその魚が水面に浮いていないか巡回して

探すという作業が始まったんです(笑)

すると、

何度か発見する度にその姿がはっきりとわかってきたんです。

僅かなチャンスの時間でできるだけ情報を集めた結果

Laubuca caeruleostigmataではないか!という予想になり、

採るまでは寝れない!という展開に・・・(笑)

そして釣りを始めて約5時間後の深夜1時半にやっと1個体採ることができました。

ここまでこだわったのは

下の写真の様に頭の上に光る青いスポットの写真が以前から欲しかったんです(笑)

もちろん標本としても大切な記録になるので

欲しかったのですが、

そんな理由でとにかく粘りました(笑)


そしてなんとか写真も標本も採れたので思わぬ夜となりました。


魚料理2


ラオス国境の村での晩ご飯はこちらで用意した魚を

料理してもらいました。

昼ご飯はパンガシウスでしたが、

今回はドジョウの仲間のYasuhikotakia modestaBotia modesta)です。

このブログのロゴマークもこの魚がシンボルなんですよ!

なので今回リクエストしてくださったMさんもそうですが、

僕もこの魚は大好きなんです!

日本でも何十年も前から熱帯魚入門の本に載っている

東南アジアの代表的な魚の一つです。


そんなボティアをから揚げにしてもらいました。

本来はあっさりしたサワースープに入れることが多いのですが

今回はから上げです!



そして、こちらが

その時の晩御飯でした!

魚料理の他にも野菜炒めもあり

美味しかったです!!


こちらが出来上がったレッドフィンボティアのから揚げです!

密かにタイガーボティア(Syncrossus helodes)も数個体入っていました!


そして、最後はスープですが、

中にはバガリウスヤレリ―(Bagarius yarrelli)というナマズのぶつ切りが

入っていて、僕も今回が初めて食べるバガリウスとなりました!!


さすが!肉食魚だけあって

それっぽい肉質で美味しかったです!


魚採りも楽しいですが、

その対象となる魚を食するのも良いのもですね。

より一層その魚を知るきっかけになります。


美味しういただいた夜ご飯でした!



釣り2(ラオス国境で)


ラオス国境ではMさんとゆっくり釣りをしました。

ここでも一本針のぶっこみ釣りです!

エサは同じくミミズです。

まず釣れたのはナマズで

パンガシウスの仲間なのですが、

まだしっかり歯を見ていないので断言はできません。



そして、今回この場所で夜間の釣りも含めて30尾くらい釣ったのが

ハマギギの仲間のCephalocassis borneensisです。

この魚はメコンの市場では地域と季節の関係もありますが、

比較的よく見かける魚です。

この魚はとにかく卵が大きいんです!

成熟した雌のサイズは20cm程ですが、

イクラの3-4倍くらいある卵を産むんですよ。

そんな魚ですがともかく今回は入れ食いでした!

どんな魚でも釣れると嬉しいです!!


そして、こちらのパンガシウスは

釣った際に歯形を記録したのですが、

おそらくPangasius conchophilusの幼魚だと思います。

もしかすると、Pangasius elongatusかもしれませんが、

これは2個体持ち帰ったので後日ゆっくり見てみようと思っています。

この魚は計10尾程釣れました。


こちらの背びれの長~いナマズは

ハイフィンミスタスなどの名で日本でも知られる

Mystus bocourtiです。


なんでここまで長い背びれをもったんでしょうね??

これまでの調査ではトンレサップ湖からメコン河まで広範囲で確認している種です。

でも、釣ったのは初めてだったのですっごく嬉しかったです(笑)



イルカの現状


ラオス国境の村に滞在中にメコンのカワイルカを見てきました。

ここへ来た時は必ず見に行くのですが、

その状況を聞くと、想像以上に厳しい状況に陥っているようでした。

下の写真は本物のイルカではなく村の展望台に設置していたイルカのモニュメントです!

それすらも撤去したのでしょうか?


下の写真は乾季に見られるイルカの生息地で

比較的大きなディーププールになっており

水深も約40メートルほどあります。

しかし、おじさんに聞くと、今はここにはいないというのです。


という事で、

船に乗って上流側へ約3キロほど移動したところで

カワイルカに出会うことができました。

このエリアには今年の春にも訪問しており、

その時の話だと昨年は6頭いたのが4頭になったとの話でしたが、

この日の話ではすでに1頭減り、

3頭しか残っていないというのです。

しばらく観察しているとイルカの動きがわかり、

数を何度も数えましたが、

やはり3頭しか見当たりませんでした。


オジサンの話では

雨季の水量がある時期は

この辺りまで移動して規模の小さなディーププール周辺につくこともあるそうです。

この日も村の前の広いディーププールと同様の水深40メートルの

小さなプール周辺にいました。


さらに話を聞くと、

対岸のラオスの岸辺に採石場かな?が2014年から作り始め、

昨年から本格的に稼働し、夜間にもライトアップをするそうで

村の前の広いプール周辺にもその光が届くため

イルカが嫌がるそうです。

さらに昼間は大きな騒音がするので

音に敏感なイルカにとっては居心地が悪いのでしょうね。

ラオス側に作られたものですが

マレーシア資本の会社だそうです。

でも、どこの国が作ろうともイルカにとっては関係ないですし、

周辺の自然環境が悪化しているのは確かですよね。

その夜に釣りをしたのですが、

確かに工場の光は夜とても明るかったのを確認しました。


そうした環境悪化の要因はたくさんありますが、

なんといっても残っている個体数があまりにも少ないことはさらに大きな問題です。

オジサンの見立てではこの数年イルカの子供を見かけないことから、

残っている個体はすべて雄か雌なのではないか?と

危惧していました。

実際にこのメコンにはここだけではなく

下流のエリアにも数か所まだイルカの集団が生息しており、

そこではまだある程度の個体数が確保されています。

でも、同じ河川に棲む同じ種とはいえ、

その他のエリアのグループと交わらないイルカたちは

それぞれの地域にしかない限定された個体群ですので

生きものを見る時にとても重要な課題となります。

少なくなったからといって

他の地域から持ってくればいいという訳にはいかないんですよね。


ですから、

このエリアのイルカたちは相当大きな危機に瀕していると

断言しても良い状況だと言えます。


イルカは魚ではありませんが、

同じ水域を利用する生きものですからその行方が気になります。