2014年5月30日金曜日

アロワナ調査7(アロワナと寝る)

 
アロワナ調査の後は小河川で調査も行いました。
 
ここはマングローブの汽水域と淡水域のちょうど境目(大きな段差があるので)です。
 
なので、純淡水魚と汽水魚が同時に見られます。
 
 
ここでも、みんなが採集してきた魚を次々と撮影記録して
 
DNAサンプルをつくっていく鹿野さん!
 
スゴイです。
 
 
 こちらはRasbora pavianaかと思っていたのですが、
 
マレーのサラワク調査をしている鹿野さんにはどうも違う魚のようだと指摘を
 
受けました!確かにそういわれると怪しい箇所があります。
 
今研究室に2個体持ち帰ったので後日ゆっくりと見てみるつもりです。
 
いつもは一人なので(笑)
 
こうした新しい角度から魚を見る人が近くにいるととても新鮮ですし、
 
思い込みがいつの間にか頭の中に生まれていることに気付かされます。
 
 
他にはBarbodes rhombeus(写真下1枚目)や
 
Puntius brevis(写真下2枚目)、
 
パールダニオで有名なBrachydanio albolineataなどがたくさんいました。
 

 
汽水域側ではAplocheilus panchaxやGerres sp.の他に
 
ミドリフグDichotomyctere nigroviridis もいました。

 
 
 
こうして、この日の調査は終わり、
 
2個体のアロワナは僕が管理することに。
 
責任重大ですよね(笑)
 
くーラーもあまり使わずに常温を保ちながら、
 
アロワナと一晩過ごしました。
 
 
そして、翌日から新たな水系のアロワナを求めて
 
出発です!
 
無事に少年の案内で生息地へ辿り着けるか?
 
 
 


今日はチョいカメラマン

 
午後からは久しぶりに、
 
このブログでも紹介したCANDY ANGKORさんへ行ってきました!!
 
 
5月は調査や会議で顔を出すことができなかったので
 
ホントに久しぶりという感じがしました。
 
 
 
CANDY ANGKORさんの顔でもあるアメちゃんの新作が出ていたら
 
撮影しようと思っていたのですが、
 
数週間行かないだけで約10種類ほどもバリエーションが増えていました!!
 
こちらは以前からの定番アメたち!
 
さすが、アメ職人のやよいさんですね!
 
バリバリ仕事してはりますね。
 
 
 
そして、実はずっと撮影したかったダトニオアメを探してみると、
 
嫁から聞いた情報通り、すでに販売されていました!!!
 
 
いやー嬉しいですね!
 
魚屋としては最高のアメです!
 

 
思わず買ってしまいました!!
 
その他の新作アメたちと共にダトニオアメもしっかり撮影しました。
 
 
それから、アメ職人のやよいさんと相談し、
 
「魚アメがなぜダトニオアメなのか?」
 
来店されたお客様にわかっていただくための簡単なポップをつくることに。
 
今日はその相談もしっかり行ったので、
 
後はキレイにデータを仕上げるだけです。
 
 
近日中にダトニオアメのポップもアメちゃんの横に置かれると思います。
 
魚研究がアメちゃんにまで広がるとは以前は思ってもいなかったので、
 
何度も書いてしまいますが(笑)、
 
ホントにウレシイデス。
 
 
組あめは生体のダトニオと同じように
 
一つ一つ形や表情が違うんです。
 
そこが親近感がわきますよね。
 
 
 
まだまだこれからもダトニオアメは進化すると思います。
 
ダトニオファンの方は期待していてください。
 


昨日は施工屋さん

昨日は友人がお店のリニューアルをすることになっていたので
 
資材屋さんをまわって資材の注文や手配をしていました。
 
そしてその資材搬入があったものを使い、早速今日は施工屋さんに変身して(笑)
 
床の板のカットと設置作業を手伝ってきました。
 
今回は低コストでリニューアルすることが大きなテーマなので、
 
資材発注は手間ですができるだけ余分が出ないようにしたり、
 
部材も低コストなものを選ぶように気をつけて行いました。
 
 
後は腕でおしゃれに空間を表現していけばきっと良いお店になると確信しています!
 
 
施工方法もシンプルで低コストな方法を選ぶようにして、
 
問題が出た場合、そこから必要資材を追加購入し対処する方法をとりました。
 
 
 
嫁さんも午後から参加してくれたので(写真下)、
 
僕は午後からは別件で動くことができました。
 
意外と、うちの嫁さんはこういう作業好きなんですよね~(笑)
 
有難いです!!
 
 
お蔭でとてもキレイに仕上がりました!!
 
 
このお店はうちの食堂「ボティアライフ」の目の前にあるオリジナルのカンボジア雑貨屋さん
 
「HARIHARA」さんです!
 
 
実はダトニオプロジェクトのTシャツを置かせてもらっているお店です!!
 
ホントはいつも世話になっているのは我が家なんですよね~(笑)
 
 
こんな感じですが、
 
作業がうまく進み、発注している材料が届けば、
 
あと一週間くらいでOPENできると思います!!
 
 
シェムリアップに来られる際にはぜひ!お立ち寄りください。
 
商品は100%オリジナルですよ!
 
 


アロワナ調査6(アロワナとの出会い)

 
僕が4年前にたどり着いた水系のアロワナ調査は川の水位低下で航行困難となり、
 
次回に延期となったため、確実な生息地情報が絶たれてしまいました。
 
 
そんなこともあって、
 
調査隊のテンションも落ち気味となり(笑)、
 
この先が真っ暗となりましたが、
 
水産局のパナラーさんが数年前に他水系の魚サンプルを集める際に
 
ある漁師からアロワナの稚魚を1個体購入していたので
 
その漁師さん宅を訪問して協力要請をしました。

 
しかし、有力情報が得られず、
 
サンプル収集も難しそうな状況でさらに先の水系を目指すことに・・・
 
 
 
 
 
この間の時間はかなり辛かったですね(笑)
 
 
 
 
 
 
 
そして、何とか情報収集をしようと
 
ある水系の下流にぽつんと建つ一軒家に立ち寄った時の事でした・・・
 
 
 
 
 
そこにいた少年が2個体アロワナを持っているというのです。
 
 
 
 
 
その情報を聞いて思わず興奮してしましました(笑)
 
ホントに嬉しかったですね~
 
 
そして、彼がもってきた袋に中に2尾のアロワナ稚魚が!!
 
久しぶりに見たアロワナは・・・
 
何日も探し回ったアロワナは・・・
 
 
本当にきれいで、これまで疲れ切っていた身体も気持ちも吹っ飛んでしまいました(笑)
 
きっと他のみんなもそうだったと思いますよ。
 
半透明の袋には酸素も入っていなかったので、
 
持ってきていた透明の袋に入れ替えて酸素も充填しました!
 

 
今回は現地でのサンプル取集は勿論ですが、
 
生息地をしっかりと見て、記録し、
 
アロワナの生息環境を分析することも課題の一つだったので、
 
この喜びもつかの間で(笑)、
 
ここからが本番です!
 
 
 
少年から情報収集すると共に、
 
採集したポイントへ案内してもらえるようにお願いしました。
 
 
そして、了解を得て、
 
翌日から現地へ行くことに!!
 
現場をみて、そこでアロワナを確認するまでは気が抜けない
 
気持ちになりましたね。
 
 
こうして、第2弾のアロワナ調査がスタートしました!
 
 


2014年5月29日木曜日

希少淡水魚保全プロジェクト会議終了!

 
会議も無事に終えることができました。
 
今回は長尾財団さんと経団連のプロジェクトですが、
 
 
長い間長尾財団さんが積み重ねてきた「つながり」が今回のプロジェクトを進めるために
 
大きな役割を果たしているようでした。
 
そして、その思いをタイ、ラオス、ベトナム、そしてカンボジアの研究者さんや
 
IUCN、MRCなどの専門機関の方々が受け入れてくださり、
 
インドシナで危機に瀕する魚たちをどう保全していくか?
 
 
そんな議論ができた会議となりました。
 
今後は各国の担当者さんが担当エリア内の対象種について
 
これまで以上の情報収集をし、
 
次回の会議までに更なる課題や対応策を見出していけるように
 
研究していくことで合意しました。
 
 
今回、各国から紹介された魚はやはりメコン水系を共有する国々だけあって
 
重なる魚種も多く見られました。
 
逆にいえば、重複する魚種ほど緊急性が高いと言えるので、
 
そうした魚種については早急に情報収集と保全対策が必要ですよね。
 
 
今後もこの様なプロジェクトに参加できることを誇りに思い、
 
少しでも手伝いができるように頑張らないといけないですよね。
 
 
会議の後は
 
MRC(メコン委員会)のソナムさんが研究室にストックしている
 
アロワナを見に来てくださいました。
 
僕も、少しずつですが、こうした「つながり」を大切にして
 
カンボジアの魚調査をしていきたいと強く感じました!
 


長尾財団の打木さん!おつかれさまでした!!

引き続き、ベトナム調査頑張ってください!!

 
 


2014年5月28日水曜日

アロワナ調査5(村の朝)

 
翌日、泊まっていた家の全貌が明らかになりました。
 
そこは周辺に2-3軒しかない小さな村でした。
 
 
下の写真の家に10人の訪問者と家の家族5人くらいが一晩を共にしていたんですね。
 
泊めてくれただけでも有難いことです。
 
 
家の前は川でまわりは何もない森林が広がり、
 
その奥には大きな山々がそびえていました。




せっかく、この場所へ来たので、
 
ちょっくら川面を覗いてみました。
 
頭上の木々にはランの仲間がたくさん見られました。
 
それだけ多様性のある自然が残っているのでしょうね。
 
 
川面にはラスボラや写真の様なテッポウウオが泳いでいました。
 
 
そして、もしかしたらと思い、
 
丁寧に観察すると、やっぱりいました!!
 
Osphronemus gouramyです。
 
タイ側ではある程度個体数もいるようですが、
 
カンボジアでは国土の多くを占めるメコン水系には分布していないので
 
限られた水系にしかいない魚です。
 
 
今回はDNAのサンプルも集めていたので
 
何としても採っておきたい魚でした。
 
船頭の漁師さんに頼んで・・・
 
・・・というか、
 
持ってきた投網を奪われて、
 
3個体採ってくれました(笑)
 
 
有難かったですが、
 
自分でも採りたかったです(笑)
 
あの魚の位置は僕の得意な射程距離だったのでなおさらです。
 
 
 
採れた個体はすべて幼魚なので、
 
まだあの迫力のある顔つきではなく、
 
可愛らしいヤツでした!
 
1個体は今研究室で飼育しています。
 
町からほど遠くない場所に沈んだ古い船たち。

内戦時代に通行を妨げるためにポルポト軍に沈められたそうです。

アロワナの聖地も戦争の被害にあっていたんですね。
 
水位が低すぎて船が瀬を越えられないため、この水系のアロワナ調査は
 
次回に延期されましたが、
 
それでも、いろいろな情報が集まった他、
 
他種のサンプリングなども進んだので収穫はあった調査となりました。
 
 
 
いずれにしても、
 
早急な調査が必要な水域の一つでもあります。
 
今行われている会議でも参加者の中でその重要性が伝わることを願っています。
 
 
 


アロワナ調査4(魚採集しながら)

この水系のアロワナ生息地までは船で行くのですが、
 
今年は雨が少ないので、4年前に僕が行ったときよりも河川の水量が低く、
 
案内を頼んだ漁師さんも行けるかどうかわからないとのことでした。
 
そして行けるところまでトライしようという事で
 
スタートしたのですが、
 
5時間ほど進むと、やはり大きな瀬や滝があり、
 
そのたびに船を降りてみんなで押して乗り越えました(笑)
 
 
 
そして、そうした瀬の周辺では採集もしました。
 
このエリアはメコン水系ではない単独水系なのでマレー要素の魚たちが混ざります。
 
 
上の魚はとてもキレイな発色をしたOsteochilus soplaoensisと
 
下の魚はまだ未同定の興味ある魚です。
 
 
水産局チームは引き網を使って小さい魚を集めてくれました。
 
投網やタモでは入らない魚が効率よく採れるのでいいですよね。
 
今度僕も作る予定です!!
 
でも、2人で使わないといけない網なので一人ではできないので辛いですね(笑)
 
 
やっぱり魚好きのチームだけあって
 
みんな魚採りをやめません(笑)
 
鹿野さんは相変わらずコツコツデータ取りに専念していました。
 
ホント凄いです。
 
 
そして、僕のお気に入りはこの袋に入った20mmほどのハゼ!!
 
直感で初対面だとわかったので
 
パッキングして持ち帰りました。
 
 
こんな感じでチョコチョコと採集をしながら進んでいったのですが、
 
7-8時間経過した時点で目の前に現れた瀬が大きく、
 
高低差が大きかったので雨が降って水量が増す時期でないとこれ以上上には行けない
 
という事でこの水系のアロワナ調査は次回に持ち越しとなってしまいました。
 
 
そして、引き返すにも出発した街まで変えるには暗くなってしまうので
 
途中の村まで引き換えしそこに泊まることに。
 
すると、一気にスコールが降り始め
 
みんなびしょ濡れになったまま約2時間川を下りました。
 
 
オマケに僕らが乗っていた船のエンジンが故障したので
 
もう一隻に引っ張ってもらい村までたどり着きました。
 
 
着いた時にはもう日が暮れていたので寒くて凍えそうでした(笑)
 
そして、非常食として持ってきていたカップラーメンをみんなで食べました(笑)
 
僕は2個食べましたが、鹿野さんは麺好きなので3個食べていました(笑)