2017年8月13日日曜日

琵琶湖で泳ぐ!第二弾


本日はずっと計画中だった滋賀の家族総出で

琵琶湖へ遊びに行ってきました!

今回の行き先は近江八幡市の宮ヶ浜です!

目の前には琵琶湖では最大の島(沖島)があり、

とても自然豊かなエリアのひとつです!


滋賀には総勢7人のちびっ子がいるので

みんな安全第一で楽しんできました。


聞いてみると、

みんな滋賀に住んでいながら

琵琶湖で泳ぐことはあまりなんだとか!!

もったいないです!!

こんな素晴らしい環境があるのに・・・(笑)


確かにみんな最初は入るのを拒んでいましたが(笑)

入っていれば楽しさが伝わったのでしょうかね~

みんな本当に楽しんでくれたので魚屋としては

最高に幸せな時間でした!!


わが子も先日に続き、

2度目の琵琶湖となりました(笑)


滋賀県外の方も

もし滋賀に来られる際には一つのスポットとして

レジャーに利用してみてはいかがですか??

(その際は安全第一でお願いいたします!)







プチ魚観察&水浴び


昨日は琵琶湖の北東部へ行く予定があったので

支流や水路ではなく、

大きな河川の本流に生息するハリヨを

久しぶりに覗いてみようと思い立ちました。

でも、予想以上に各河川の(特に大きな河川)水量が多く、

濁りが入ってしまい、

観察するには決して良い条件ではありませんでした(汗)


ハリヨは岐阜県もそうですが、

滋賀県も限られた水域だけとはいえ各地で見ることができます。

その多くは小さな水路や河川、公園などですが

こうした大河川の本流にも条件さえ整えばいるんですよね~




・・・という事で

残念でしたが、ハリヨはあきらめて

本流脇の支流を覗いてみました!

入ってすぐ出迎えてくれたのは(笑)

今年生まれの小さなトウヨシノボリの子供達でした(笑)

無数にいました(笑)


まるでドクターフィッシュですね~


こちらはウキゴリです。

たくさんいるのですが、

こいつが一番大きかったので隠れている上から一枚撮りました。


こちらは琵琶湖から河川にのぼっているアユたちです。

数千尾の群れでいました!

写真では逃げてしまった後なのですが、

最初はものすごい大群でした。


他にもタモロコやオイカワ、

カマツカ、ヌマチチブなどなどいろいろな魚がいましたが、

最初から最後まですごかったのはトウヨシノボリたちです。




川底を這うというよりは

まだ幼魚なので低層から表層まで幅広いエリアを

群れているんですね~

いつもは目にも留めない魚なんですが(笑)

この日は完全にこのチビさんたちが主役でした!

実際のサイズは20mmくらいです。


たくさん食べて大きくなって

琵琶湖の湖底をしっかりパトロールしてほしいですね(笑)

思わぬ主役と出会った一日でしたっ!






鮒ずし


先日、漁師さん宅へ訪問した際に

鮒寿司をいただいて来ました!!

この家で作られる鮒ずしは本当に美味しいです!!

湖岸沿いにある四季彩館でも毎年販売しており、

人気のある鮒ずしなんですよ~


いただいたニゴロブナのサイズはなかなかの良型で

25cmくらいでしょうか。

切ってみると、

卵がたくさん入っていおり絶品でした!!


こちらの鮒ずしは酒粕で最後に漬け込んでいるので

ほんのり甘さも加わり

さっぱりでこってり(笑)

深みのあるうま味が味わえました!


漁師さん宅は新旭の針江地区というところにあり、

湖西の山々から流れ出る安曇川水系の伏流水が

湧き出る地域で

その新鮮な水を利用した「川端(かばた)」

とよばれる家庭内の水場が設けられており、

人々はこの水場を各家庭で様々な用途として昔から利用してきたそうです。

漁師さんとも仕事でこのかばたと水を取材した際に出会ったので、

かばたが引き合わせてくれた縁なんですよね~



10年たっても、

20年たっても、

脈々と湧き出る琵琶湖の水!

ホッと一息つく時間でした!



琵琶博へ


一昨日は琵琶博へ行ってきました!

久しぶりの訪問でしたが、

お盆シーズンなのでたくさんの人で賑わっていました。


水族の企画展ではドジョウ展をやっていて

日本全国の様々なドジョウたちがいました。

その中には92年に琵琶湖で最後に採集された天然記念物のアユモドキの

標本も展示されていました。

この標本は以前、博物館の液浸収蔵庫で

何度か見ていた標本でとても懐かしい標本でした。

この標本を見た当時はその地域へ何度も行って

まだ生き残りがいないか探した思い出があります(笑)


この日は娘と二人旅だったのですが、

一度もぐずらず興味津々に水槽を見ていました(笑)

カンボジアの水族館も早く見せてあげたいですね~


水族展示にはビワコオオナマズ水槽もあり、

生体と共にいろいろな解説板も展示されていました。

ただ、あまりマニアックなところまでは解説されていなかったので

生息場所や生体の保全なども考えてるんだろうなと思いました。


娘はジオラマの琵琶湖の魚屋コーナーに夢中でした。


こちらは先日小河川で狙ったけれど

釣れなかったハスです!

琵琶湖水系と三方五湖が生息地ですが、

現在は全国各地で見られます。

琵琶湖のハスは大きくて迫力あるので

ぜひ!見てもらいたい魚の一つです。


こちらは大人気のバイカルアザラシですね。

マルマル体型で可愛いですね。


そして、多きなザリガニコーナーのある

ディスカバリールームへ行ったのですが、

完全にスル―でした(笑)

興味ないようです(笑)


それでも、

いろいろと親子で楽しめた時間となりました!!



マナマズ釣り


イワトコナマズ、ビワコオオナマズ・・・

と来て、

琵琶湖に生息するもう1種のナマズといえば

広く分布しているマナマズ!!


今回はこのナマズを釣るのに予想以上の苦戦をしました(笑)


2夜計5本の水路で投げまくって

2尾です・・・(汗)

アタリがあってこの成果ならただヘタだと言えますが、

ともかく、これまでの経験にないくらい

食いがシブかったです。

これだけやったら30-40尾は釣れてます。

満月のせいか?

夜間の気温のせいか?

台風の影響か?

ナマズ自体少なくなっているのか?

難しいですね~


それから今回初めてスミスのルアーを買って

使ってみました!

ケミホタルを入れると良いと書いてあったので

つけてみると・・・

いやーキャストしやすいですね~

これを使っちゃうと、

ケミホタルなしでは使えないですね(笑)

腕をあげるならナシでやった方が良いと思いますが・・・


ただ、

これだけ明るく光ると、

ナマズの食いは大丈夫なんでしょうかね・・・

これも初体験だったので謎です(笑)


でも、楽しませてもらいました!!

琵琶湖のナマズたちに感謝デスネ!!




きんぎょ


昨日は湖東エリアにある能登川町に住む

知り合いに会いに行ってきました。

久しぶりの時間だったのでいろいろとお話ができて

楽しかったです!


ここでは趣味で金魚を育てていて

立派な成魚から稚魚まで各種の金魚を育てられています!!


友人に金魚をもらったのがきっかけだそうで

年々水槽やコンテナが増えています(笑)




こちらは先日産んだリュウキンの卵です!

この時期でもまだ産むんですね~

僕は金魚は繁殖させた経験がないので(汗)

まったくわかりませんが、

これだけ毎年いろいろな種が産卵するなら

楽しいですよね~


今回はもしもの事を考えて

酸素を2袋分けてもらいました(笑)

これがあれば藤沢まで魚がもっていけそうです(笑)


バスポイント


先日、ナマズ釣りをしていて55cmのバスが釣れた水路です。

ちょうど昼間に通ったので写真撮ってきました。

ここはナマズ釣りでよくお世話になった草津市の水路です。


なんでもない水路なのですが、

バスやギルはもちろんですが、

在来種もいろいろいるんですよ~

この200m下流は内湖につながっており、

その先は琵琶湖の南湖です!


バスの事はあまりわかりませんが、

この時期湖南エリアの水路には結構、

大きなバスが入っているのかもしれませんね。

ただ、湖から1つ目の堰までの間の方が確立がよさそうですね。

バスのプチ情報でした。


2017年8月11日金曜日

湖々の初琵琶湖



昨日はお世話になった琵琶湖の漁師さん宅を訪問したのですが

その帰りに娘の湖々(ココ)が初めて琵琶湖で泳ぎました!

この日を想像して浮輪も準備しちゃいました(笑)


初めての琵琶湖でも

楽しそうに泳いでくれたので

嬉しかったですね。


それにしても

琵琶湖は広いですね~

ちょっと霧がかかっていたので対岸が見えなくて

逆に幻想的できれいでした。


湖岸沿いにはオイカワの稚魚やビワヒガイが足元を

泳いでいたので魚好きとしても最高のロケーションでした。


もう一度どこかのタイミングで

琵琶湖には連れて行ってあげたいですね。

海も良いですが、

琵琶湖での湖水浴!も良いですよ~


湖アユ


昨日の晩ごはんは

琵琶湖ならではの湖アユを塩焼きで食べました!!

ちょうど昨日、知り合いのところへ行って

魚の話を聞いたのですが、

今年はアユが少ないと・・・

確かにちょっといつもよりも高めの値段でしたね。

代わりに魚ではハスが多いとか!

近くの川を見てこい!と言われたので

見に行ってみると、確かにたくさん泳いでましたね(笑)

琵琶湖の河川で見られるハスは20~30cm近くあるので

浅くて緩やかな流れの川ならすぐに上から観察出来ちゃいます。


他にもオオバンも多いとか。

湖アユとハスやオオバンとの関連性については何とも言えないのですが、

湖アユが琵琶湖から姿を消すのは寂しいですよね。

オオナマズやイワトコもそうですが

大切な琵琶湖の生きものたちですから

ずっと命をつないでいってほしいですね。

そんな大切な湖アユ!苦味がしっかりしていて美味しかったです!!

滋賀に来られた際はぜひ!味わってみてください!!



ナマズ釣りのはずが・・・


先日のイワトコとオオナマズを釣ったので、

琵琶湖にいる3種のナマズを全部釣ろう!と思い、

夜8時から家の近所の水路へ釣りに行ってきました。

ここはよく釣れるポイントなので

期待していたのですが・・・



確かにナマズが何度か食いに来たのですがのらず・・・

いつもよりアタックしてくる回数があまりにも少なく

思うように釣れません。


そんな時に完璧なアタックがあり、

フッキングも完璧!

よーし!と思いきや・・・

ナマズではないな~と思ったらバスでした。



46cmの良い型だったので

ナマズでなくても嬉しかったです(笑)



そして、9時ごろにまたきれいなアタックが!

フッキングと共になかなか良いトルクで引く魚でしたが

跳ねないのでバスかなと思ったら、

やっぱりバスでした。

用水路なのでちょっと足場が高かったし結構大きかったので

引き抜くと糸が心配なので膝をついて手でランディングしました。



印をしてきたので、

今朝大きさを測ったら55cmでした。

魚屋としてはバスについては正直いろいろと考えるところがありますが、

個人的には大きい魚なので嬉しいですね(笑)

自己新記録サイズでした!!


ただ、今回感じたのは

このロッドせいで魚とのやり取りがあまりにも楽だった事です。

オオナマズ釣りの時も勿論ドラグが出るくらい走りますし、

重いトルクがかかる時は楽しい時間なのですが、

このロッドのバットがとても硬くてしっかりしているので

オオナマズや50アップのバスでも何ともないんです(笑)

僕の釣りスタイルのタックルはいつも柔らかくて

パワーで対処するタックルは選んでこなかったこともあり、

3000円で買って使っていなかったこのロッドの強さに驚かされました。

釣り人にはいろいろなタイプがいて

目的の魚に対して確実で安全なタックルを選んで釣る人や

如何に細いラインで釣るかを楽しみにする人など様々です。

普段触らない竿での釣りも

新鮮でまた違った楽しみや感覚が得られることを

強く感じた夜でしたっ!!




それにしても、

ナマズ!釣りたいですね(笑)

今夜か明日の晩再度チャレンジしてきます!!